昭和43年 大学を卒業後、大手通信機器メーカーに入社し仕事が合わず4年で某テレビメーカーに転職した。新しいテレビ方式で性能もよく途中入社が多かった。凄まじい勢いで成長し海外生産進出も盛んであった。残業代・ボーナスも前会社の比でなく、職場も自由闊達で楽しい日々を過ごした。

当時の転職は少なく中に、先輩にもそのような人がおり若気の勢いでチャレンジした。しばらくしてから、コンピューター用ディスプレイを世界中にOEM販売することになり機構設計メンバーとしてチームに加わった。ヨーロッパ及びアメリカのコンピューターメーカーに営業と一緒に訪問しビジネスの獲得に一役担った。

IBM、HP、サンマイクロ、アップル、DELL、その他に訪問した。開発中は 客先の技術者と一緒に妨害電波測定の為に山の中のサイトに数日通ったり、アップル本社のあるサンホセでは 近くに住む学生時代の友人宅に数度お邪魔したり、色々見聞を広めることができた。アップル創業者ステーブ、ジョブスとの打ち合わせにも参加した。

セット全体を担当するようになり、海外生産が進み自社工場、部品メーカーに出かけることも頻繁になり35年前頃のASEAN・中国の姿を見ることができた。シンガポールでは日本の中古自動車に扇風機を付けて走るのが殆ど、上海空港の職員は人民服。今思えば隔世の感である。

定年後も海外に出かけることが多く、長期間にわたってあちこちの海外を見るができたのは代えがたいものがある。アジア諸国の急激な発展には驚くばかりです。学生時代から山登りをやっていたので、友人とアルプスの3000メートル級の山々を登ったこと、今はサークル仲間と山登りを楽しんでいる。

人生の想いでの一コマが 時々目に浮かんでくる。

法律と遺言について