現在のシニアは、心身ともにとっても若い!
ではあるのですが、やはり足腰の故障などのリスクも増えてくる年代ではあります。
セカンドライフを充実して楽しむために、適切な福祉用具を活用することは必要不可欠です。
2022年から福祉用具63製品が保険適用になり、その貸与上限額が公表されました。
国の支援をうまくつかいながら、楽しく元気にセカンドライフをエンジョイしていきたいものですね。
コチラの記事ではその詳細が解説されています。

引用元:介護求人ナビ

千代田区が、初心者から参加可能な川柳講座を開催することがわかりました。
入門編からスタートして楽しみながら川柳を学び、最終日には句会を実施するプログラムになっていて、どなたでも楽しめる催しです。
コチラの記事ではその詳細が述べられていますので、ぜひ参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

引用元:九段生涯学習館

70代で始めたSNSでフォロワー数13万8000人を超え、一躍人気となったシニア女性の書籍が発売になりました。
80代である今が「人生で一番楽しい」と語る著者の、老後を豊かに楽しむためのコツやヒントがたっぷりと記載されています。

コチラの記事では、その書籍の詳細や概要、著者プロフィールなどが詳しく掲載されています。

引用元:宝島channel

株式会社MIHARUとVivid Creations Pte Ltdは、9月30日と10月1日、渋谷スクランブルスクエアにおいて、日本の高齢化をポジティブに捉えて来るべき未来を目指していくためのカンファレンスイベントを開催することがわかりました。
日本のシニア世代が笑っていれば、我が国の未来は明るい!渋谷の地にて、高齢者の方々、そして未来の高齢者となる若い世代も、ウェルビーイング(よく生きる)未来に向かって、高齢社会を考えてみませんか?
コチラの記事にはこのカンファレンスイベントの詳細が紹介されています。

引用元:エイジウェルジャパン2022

2008年に発足された、100歳以上の方々で構成される「百歳クラブ名豊会」は、100歳以上の長寿を重ねた方々をお祝いする式典を発足以来 毎年、開催していました。今年の開催に関しては、新型コロナウィルス感染対策の観点から検討されてきましたが、100歳の人生の節目を越えられた方々をお祝いすること、そうすることによって100歳未満の方々にも希望を与えられることなど、本式典の意義の重要性から、zoomにて開催される運びとなったことがわかりました。
コチラの記事ではその詳細が紹介されています。

引用元:PRTimes

イオンリテール株式会社が運営する通販サイト、イオンライフスタイルオンラインでは、孫とおばあちゃんのリンクコーデをテーマにしたファッション企画のウェブコンテンツが9月9日から掲載されています。
こちらの記事では、孫×おばあちゃんのリンクコーデを楽しむ素敵な写真の数々や、コーディネートに使用された服飾品の情報などが掲載されています。ファッションの秋、お孫さんと一緒に楽しむコーディネートの参考になるかもしれませんね。

引用元:イオンライフスタイルオンライン

川崎水族館は、この秋、65歳以上のシニア世代は50パーセントオフで楽しめるシニアキャンペーンを開催することがわかりました。秋はお出かけにうってつけの季節。水族館であれば、お友達と、ご家族と、おひとり様でと、さまざまな楽しみ方ができますね。
コチラの記事ではその詳細が紹介されています。9月中旬から11月下旬までのこのキャンペーン、ぜひ大いに活用して、楽しい秋をお過ごしください。

引用元:カワスイ川崎水族館

年齢を重ねるにつれ、脳機能や反射神経などが変化してきたといった理由から、自動車免許を返納なさるシニア世代の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
とはいえ、自家用車での移動ができなくなっても、アクティブに日常を楽しみたい。しかしシニアカーに乗るような歳でもない。
そんな方に新しい選択肢です。こちらのスクーターは歩道を走行可能で、免許返納後も乗車が可能です。
コチラの記事では、シニアにおすすめのスクーターの詳細が紹介されています。

引用元:日経XTECH ACTIVE

シニア世代に入り、認知機能が衰えるにしたがって、それまでのコミュニティや役割が合わなくなっていくケースもみられます。しかし
悲観する必要はまったくありません。ご自分の変化に合わせて、新しい居場所や役割を見つけていけば、豊かなセカンドライフを楽しんでいけますよ。
コチラの記事では、シニアの方々がそれぞれの身体的状態に応じて、どのような役割やチャレンジをしていくのかを自由に設定して、人との交流を楽しんでいける地域社会コミュニティが紹介されています。

引用元:100BLG株式会社

日本の高齢者の方々は、まだまだデジタルに苦手意識を持つ方も多い傾向にあると言われています。
しかし、例えば、足腰が弱った方も手軽にお孫さんや家族と話せるなど、デジタルやオンラインの活用は、実はシニアの生活をグッと豊かにしてくれるのです。
コチラの記事では、オンラインに初めて挑戦する高齢者の方でも安心の、オンラインサロンのレッスンやサービスの紹介が、記載されています。

引用元:いきいきライフマガジン