はじめに

皆さんは、健康維持や認知症予防のために何か取り組んでいることはありますか?食事や運動に気を遣っているという方は多いかもしれません。

適度な運動は、健康維持の効果があるだけでなく、運動をすることで全身の細胞に酸素が行き渡り、脳が活性化して認知症の予防につながると言われています。そのほかにも、スポーツによってそれぞれ違ったメリットがあります。

そこで、今回はシニア世代でも無理なく取り組めるスポーツを3つご紹介します!ぜひ、今後の健康維持の参考にしてみてください。

 

おすすめのスポーツ① ゴルフ

スポーツといっても、走り回るような激しいものだとケガの危険を伴います。一方で、ゴルフは時間制限なくのんびりと楽しむことができるのが魅力です。ゴルフ場を歩き回ることで、ウォーキングと同様の効果も得られます。場合によっては道具を持ちながら長距離を歩くことになり、ゆったりしながらもウォーキング以上の運動効果を得られるかもしれません。

また、時には風向きやピンまでの距離を考えながらの戦略的なプレーも求められるので、脳への刺激にもなり、認知症予防にもつながります。

そして、他の参加者と競い合いながら楽しむことができるのも特徴です。友達同士で楽しめるのはもちろん、ゴルフをきっかけに新たな交流が生まれることもあるかもしれません。

しっかり運動したいけど、激しいのは避けたい、という方におすすめしたいスポーツです。

 

おすすめのスポーツ② 水泳

水泳の魅力は、なんといっても、浮力を生かして陸上よりも軽い負荷で運動を楽しめる点にあります。陸上の運動で負荷がかかりやすい腰や膝へのリスクを減らすことができるので、誰でも無理なく続けることができます。

さらに、水泳は全身運動になるので、身体の代謝が高まり、心身ともにリラックスすることができます。胸の呼吸筋が鍛えられることで心肺機能もアップするため、健康増進にも効果があります。そして、手足で異なる動きと、リズミカルな動作が脳を活性化させるため、認知症予防にも有効です。

また、個人スポーツのため、自己記録の更新を目標に楽しむことができるのも特徴です。チームスポーツが苦手だったり、個人の記録向上を楽しみたかったりする方におすすめです。泳ぎに自信がない方であれば、水中ウォーキングも効果的です。友達とお話をしながらのんびりと運動することで、気分転換にもなるのではないでしょうか。自分に合ったやり方で、無理なく続けられる方法を選んでみましょう。

 

おすすめのスポーツ③ ヨガ

ヨガは、ゆっくりとした動きで無理なく体を鍛えることのできる運動です。筋力と柔軟性がアップするので、ケガの予防にもつながります。さらに、筋力がアップすることで代謝も良くなり、脂肪を燃焼しやすくなります。

精神的な面では、深い呼吸を意識した運動によってリラックス効果が見込めます。運動をしながら今の自分に集中することで、自分と向き合う機会となります。

また、最近では「シニアヨガ」というジャンルもあります。これは通常のヨガのようにポーズを意識する必要がなく、シニアでも無理せず楽しむことができるヨガです。補助道具や椅子も使用するので、ケガの心配も少なく安心です。

他のスポーツと違って記録が出るものではありませんが、だからこそ自分のペースで運動を楽しみたい方におすすめです。

 

まとめ

今回は、シニアにおすすめのスポーツをご紹介しました。スポーツには様々な種類がありますが、楽しく無理なく続けることが最も大事です。自分の興味や体力に合わせて楽しく健康維持を目指しましょう。

また、スポーツが好きな方は、ねんりんピックというシニア向けのスポーツ大会もあるので、それへの出場を目標としてみるもの良いかもしれません。目標があると人生がさらにいきいきとしたものになるでしょう。

そしてそんな夢や目標を、バケットリストに書いてみませんか?バケットリストでは、様々な方の夢や目標を見たり、自分で登録したりすることができます。大会への出場などの大きなものから、スポーツを始めることそれ自体まで、あなたの夢や目標をぜひ登録してみてください。

法律と遺言について