電動車椅子の概念を一変するロボット技術を駆使したGeronyrchモビリティ

障害の無い人が利用するパーソナルモビリティの開発が進むことで、電動車椅子に対するイメージに変化が出ています。以前であれば、車椅子に抵抗感があった高齢者が、スマートな生活のためにポジティブな発想で、自立した移動を支援するジェ ロンテックモビリティの活用が注目されています。 高齢者の生活自立支援をテクノロジーで実現して運動機能の低下をロボットによっ てサポートするジェロンテックモビリティにより医療とICT企業の連携はますます 広範な領域へと進み、モビリティ分野に変革をもたらしています。

大きく成長するパーソナルモビリティ市場

シニアカーと呼ばれる電動車椅子が、パーソナルモビリティ分野では、最も古い品目でしたが、立ち乗り電動二輪車やマイクロEV、そしてロボットカーなど、 大手自動車メーカーが近距離移動用パーソナルモビリティ製品を発表しており、 パーソナルモビリティ市場の成長が注目を浴びています。65 歳以上の高齢者が全人口の4分の1にもなる2020年以降には、元気なシニアは、現在のハンドル型電動車椅子よりもマイクロEVへの乗り換えが増えるであろうと予測され、その 市場規模は360億円とも言われています。

モビリティ分野のジェロンテック製品

高齢者の移動を支援するパーソナルモビリティの特徴は、簡単な操作性です。国土交通省が、「全国都市交通特性調査」(平成27年)において、 75歳以上の高齢者が無理なく歩ける距離として100メートルを挙げている人が全体の17%もいるという報告をあげています。ジェロンテックのモビリティ分野が成長することで、超高齢化社会を迎える日本のなかで、歩行が難しくなった人の移動が気軽にできるようになり、高齢者の社会参加の可能性が広がることを期待されています。