仕事を定年退職したり子育てがひと段落したシニア世代にとって、「引退後」「リタイア後」をどう過ごすかは、とても重要なテーマですよね。 現役を退いた後の時間をどう過ごすかという問題は、人間だけではなく、動物の世界にもあるようです。 競馬に出場する競走馬の中には、引退後、保護施設に引き取られてのんびり老後を過ごす馬もいるようです。引退馬といえど単に保護されているだけの存在ではなく、人に癒しや温かみを与えるなどさまざまな価値を提供しており、決して無価値な存在ではありません。現役を退き、老いたからこそ、実現できる価値もあるのかもしれませんね。コチラの記事ではそんな引退馬について記載されています。老後を生きる引退馬について思いを馳せながら、ご自身のセカンドライフをどう過ごすかを考えてみるのもよいかもしれませんね。

出展元:GetNavi web

法律と遺言について