「老後資金2000万円問題」という言葉が広く知られるようになり、公的年金だけでは老後資金として不安だという方も多いのではないでしょうか。厚労省が公表している人口推計によれば男性より女性の平均寿命が高く、女性はいわゆるおひとり様の状態で より長い老後を生きるケースが多くみられます。一人分の年金だけでは不安だという方は、早い段階から企業年金や個人投資による資産形成などと組み合わせて、老後資金の計画を立てる必要がありますね。こちらの記事ではファイナンシャルプランナーの解説が掲載されています。プロによる正しい情報発信から学びながら、賢くゆとりある老後資金を形成しておきたいものですね。

出展元:GIGLOBEニュース

法律と遺言について