福岡市の芙蓉ディベロップメントは8月1日より「健康寿命延伸住宅」を販売開始しました。その強みは高気密・高断熱住宅と健康管理システムです。
高性能な断熱材や樹脂サッシ、第一種換気システムなど充実したハード設備を取り揃え、快適な温熱環境を実現します。
健康管理システムでは、測定した体温や血圧などのバイタルデータを自動取得し、分析。その結果を赤・黄・緑の三段階で審査し、赤の場合は早期の医療介入を促します。日常的なデータから病状を分析できるため、疾患の早期発見・早期対応につながることでしょう。

詳細はこちら>

出展元:日経BP総合研究所|株式会社日経BP

法律と遺言について