国産自動車メーカーが、大手製薬メーカーや大学、医師会などと連携して、高齢者ドライバーの事項防止に関する共同研究を行うことが発表されました。
これまで一般的に、高齢になるほど認知機能が低下するなどして自動車運転のリスクは上昇すると言われてきましたが、一方で自動車運転を規制され自由に運転ができなくなるとQOLが低下するといった問題点も指摘されてきました。
事故防止の研究が進み、安全に運転できるドライバーが増加していく未来になったら、素敵ですね。
コチラの記事ではそういった共同研究など企業による取り組みが紹介されています。

引用元:JCASTウォッチ

法律と遺言について