シニア世代に入り、認知機能が衰えるにしたがって、それまでのコミュニティや役割が合わなくなっていくケースもみられます。しかし
悲観する必要はまったくありません。ご自分の変化に合わせて、新しい居場所や役割を見つけていけば、豊かなセカンドライフを楽しんでいけますよ。
コチラの記事では、シニアの方々がそれぞれの身体的状態に応じて、どのような役割やチャレンジをしていくのかを自由に設定して、人との交流を楽しんでいける地域社会コミュニティが紹介されています。

引用元:100BLG株式会社

法律と遺言について